家族信託のことならプロに依頼|揉め事をなくす手段

  1. ホーム
  2. 払いすぎた利息を取り戻す

払いすぎた利息を取り戻す

計算

相談をする弁護士の選び方

消費者金融などの貸金業者に対して、年利20%以上の金利で発生した利息を支払っていた場合、違法な金利で発生した利息なので過払い金となり請求をすることで取り戻すことができるのです。本来個人に対しての融資は、利息制限法で定める上限金利に従い、利用限度額に応じて15%〜20%以下の金利で融資を行わなければならないのですが、この法定金利以下で融資する消費者金融はほとんど存在しなかったのです。違法ではあるのですが、それを罰する規定がなかったのです。しかし、その後利息制限法で定める上限金利を超えて融資をすることは違法である判決が多く出たことや社会情勢などを踏まえて、貸金業法が改正され20%以下の金利で融資をしなければならなくなったのです。20%を超えてお金を借りていた方は、消費者金融に対して請求すれば取り戻せる可能性がありますが、書類の作成や業者との交渉があります。手続きが面倒だという方は、弁護士に代行してもらう方法があります。京都で過払い請求を代行してくれる弁護士事務所を探すとなると、京都市内には弁護士事務所が多数あります。また、京都で弁護士事務所を探す場合、チェックするポイントは弁護士費用です。取り戻せる過払い金額は同じだったとしてもそこから弁護士費用を引かれて振り込まれますので、着手金や調査費用などはなるべくかからない弁護士事務所を選びます。また、過払い金の返還だけでなく債務整理に強い京都の弁護士事務所を選ぶことです。弁護士事務所によって取り戻せる過払い金が異なることがありますので、これまでの返還実績や口コミを参考に選びます。