家族信託のことならプロに依頼|揉め事をなくす手段

相談

安心の法律家を選ぶには

岡山での弁護士探しでは、扱う専門分野が決まっているほうが、ノウハウや経験も豊富で信頼できることが多いです。また、人物像もしっかりチェックし、問題解決に向けてよい関係を築ける人を選ぶべきです。料金は弁護士によって違いますが、詳細な内訳を明示した見積もりを出してくれるところですと、安心と言えるでしょう。

専門家にも相談しよう

説明

遺産相続は、誰しもが避けて通れない問題です。ですから、いざという時、相続を「争族」にしないための準備と話し合いは重要です。ですが、相続は当事者が「死んだ時」のことですから、なかなか話しにくいのもまた事実です。そんな時に便利なのが「家族信託」という方法です。家族信託とは、一言で言えば「家族の、家族による、家族のための財産管理の一手法」です。一般的な信託は銀行や弁護士などを受託者としますが、これは委託者・受託者・受益者の全てが家族や親族になるのが特徴です。そのため、高額なコストが発生しないというメリットがあります。さらに委託者の生死に直結もしませんから、抵抗なく生前に話し合うことができるのです。そして、この家族信託は、成年後見制度と組み合わせる、あるいは代わりにできるのが最大の利点です。なぜなら、成年後見制度のデメリットである、「資産の積極的活用や生前贈与、相続税対策ができない」という点を完全にカバーできるからです。さらには遺言よりも指定できる資産継承者の範囲が広い上、家族間の争いを防ぐ措置も事前に講じておけます。ただし、家族信託には注意点もあります。それはできてからまだ日が浅いため、まだ十分に整備が進んでおらず、認知度も低い点です。ですから、家族信託を使うと決めたら、まずは弁護士やファイナンシャルプランナーなど、専門家に相談するのが確実です。その際は、できるだけ相続や財産管理に詳しく、経験豊富な相手を探すようにしましょう。

弁護士

自分の再生を考えるには

個人再生とは、自分がお金の運用に対して失敗してしまった時に、弁護士を通して、自分の資金運用に対する失敗を認めることです。これを報告する事で、借財を免除してもらい、再度自分の生活を一からやり直せる仕組みの事を言います。

計算

払いすぎた利息を取り戻す

京都で過払い金返還請求手続きをしてくれる弁護士事務所を探す場合、法律事務所によって費用や取り戻せる金額が異なります。なるべく着手金や調査費用がかからず、口コミや過去の債務整理の実績等を確認して選びます。